レース 締切予定時刻/投票 出場レーサー レース別情報
1 2 3 4 5 6
1R 14:51 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 15:18 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 15:45 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 16:12 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 16:39 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 17:12 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 17:45 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 18:19 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 18:53 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 19:28 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 20:04 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 20:45 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

最終日 推奨レース展望

12R

準優勝戦は3レース共にイン逃げ決着。よってV最短距離の1号艇は、戦前の予想通りの強さで予選トップ通過を果たした峰がゲットした。低調モーターを立て直し出足系統は万全。加えて3日連続の1枠戦となれば時計も手の内だろう。2009年芦屋以来となる2度目の九州地区選制覇へこん身の逃げを披露する。相手は地元の2枚看板・原田と桑原。共に準優勝戦は気迫のトップスタートから押し切っており機技は充実。出足が急上昇の原田が差し、同大会3連覇がかかる桑原はエース機を後ろ盾にまくり勝負に出る。 

最終日 熱戦レース

12R

中村が3コースまで動いて、126/345の並びになります。動じることなくトップスタートを決めた峰が1マークを先取り。他艇を寄せつけることなく、一気に押し切っていきます。十分に差を広げた峰は、最後まで危なげなく周回を重ねて快勝。峰が威風堂々の逃走劇で、九州地区チャンプに輝いています。差して順走した原田を桑原と中村が追いかけますが、キープした原田が準優勝。3着には中村が入っています。