丸亀

第64回四国地区選手権競走

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 締切予定時刻/投票 出場レーサー レース別情報
1 2 3 4 5 6
1R 14:54 発売終了
A2
B1
B1
A2
A2
A1
2R 15:24 発売終了
A1
A2
B1
A2
A2
A1
3R 15:54 発売終了
A1
A1
A2
A2
A2
A1
4R 16:24 発売終了
A2
A2
A2
A2
A1
A1
5R 16:55 発売終了
A2
A2
B1
A1
A1
B1
6R 17:26 発売終了
A2
B1
B1
A1
A1
A2
7R 17:57 発売終了
A2
A2
A1
A2
A1
A1
8R 18:29 発売終了
A2
A2
A1
A2
A2
A2
9R 19:01 発売終了
A1
A2
A1
A2
A2
A2
10R 19:35 発売終了
A1
A1
A1
A1
A2
A2
11R 20:09 発売終了
A1
A1
A1
A2
A2
A2
12R 20:45 発売終了
A2
A1
A1
A1
A2
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

最終日 推奨レース展望

12R

予選首位通過の中田が5日目、11レースを逃げで制して優勝戦も1号艇の座を射止めた。変わらず伸びを中心にして好バランスの仕上がり。G1初Vへ向けて気合の逃げ速攻を決める。機力は中田と比べても大きく見劣りをしない市橋。切れ味の鋭い差しを入れて猛追撃のレースへ。興津は1マーク角度をつけての捲り差しから突き抜けを狙っていきたい。森高は持ち味の速攻力を活かして強気の突破を図りたいところ。 

最終日 熱戦レース

12R

中田がコンマ01と気迫のスリット攻勢。1マークを真っ先に回りますが、興津がシャープなハンドルワークでまくり差していきます。中田と興津が一騎打ちの展開から、2マークはコース優位の興津が先行。差し返しにいった中田は、わずかにバランスを崩します。その間に力強く前に出た興津が、一気に引き離して単独トップへ。興津が7年ぶりに四国地区チャンピオンの座に返り咲いています。