2019スター候補選手64名を選出 ‐次代を担う若手選手をエリート育成-

ピックアップニュース

2018/12/26

一般財団法人日本モーターボート競走会は、ボートレースの次代を担う若手有望選手を強化・育成する「2019スター候補選手」として64名の選手を選出しました。2016年までスター候補選手は、「全国スター候補」「地区スター候補」「地元スター候補」「準地元スター候補」の4ランクで構成されていましたが、2017年より「トップルーキー」「フレッシュルーキー」の2ランクに変更し、より各レース場における育成を主眼に選出できるよう選出基準等を見直し3年目となります。
当該選手にはそれぞれのランクに合わせてグレードレースへの優先あっせん措置、メディア対応やマナーを身に付けるための講習会、操縦・整備の特別訓練などが行われ、プロ選手に必要とされる技術・人格・知名度などの向上が図られます。
今回の「トップルーキー」には、「登録6年以内かつA2級以上」という選出基準のもと、勝率や優勝回数、G1出場等の実績を考慮し、男子選手では、今年SGに6回出場している登録第4831号羽野直也選手(福岡)、SGに5回出場している登録第4848号仲谷颯仁選手(福岡)、女子選手では、今年優勝3回、PG1ヤングダービーの優出を含む13回の優出を遂げた登録第4885号大山千広選手(福岡)ら、全国から16名の選手が選出されました。また、「フレッシュルーキー」は「登録5年以内の各レース場における推薦選手(各場2名ずつ)」48名が選出されました。
 
<各スター候補選手の選出基準等>
■トップルーキー(16名)
選出基準
登録6年以内かつA2級以上
講習・訓練
トップルーキー講習会(メディア対応、マナー、ファッションなど)
あっせん措置
G1・G2競走へ積極的にあっせん
 
■フレッシュルーキー(48名)
選出基準
登録5年以内の各レース場における推薦選手(人格、技量、期待度等総合的に勘案)
講習・訓練
フレッシュルーキー実技訓練(操縦訓練、整備講習、特別講話など)
あっせん措置
地元レース場中心のあっせん
 
なお、今回選出されたトップルーキー(16名)には、スター候補選手のPR、トップルーキーとしてのステータス向上を目的に、レース出場時に着用するレーシングウエア(カッパ)を製作し、配付いたします。
 
TOPROOKIE

トップルーキー
関東 4851 関  浩哉 群馬
4787 椎名  豊 群馬
4939 宮之原輝紀 東京
東海 4796 春園 功太 三重
4808 松尾  拓 三重
4850 野中 一平 愛知
4786 佐藤 博亮 愛知
近畿 4760 山崎  郡 大阪
中四国 4816 村松 修二 広島
4757 山田 祐也 徳島
4823 中村 桃佳 香川
4812 西野 雄貴 徳島
4772 石丸 海渡 香川
九州 4848 仲谷 颯仁 福岡
4885 大山 千広 福岡
4831 羽野 直也 福岡

フレッシュルーキー
桐 生 4819 蜂須 瑞生 群馬
4888 金児 隆太 群馬
戸 田 4836 大谷 健太 埼玉
4809 外崎  悟 埼玉
江戸川 4825 倉持 莉々 東京
4893 渡邉真奈美 東京
平和島 4928 栗城  匠 東京
4875 大塚 康雅 東京
多摩川 4906 鈴木 雅希 東京
4863 三浦 裕貴 東京
浜名湖 4933 板橋 侑我 静岡
4840 鈴木 秀茉 静岡
蒲 郡 4910 中村 泰平 愛知
4960 黒野 元基 愛知
常 滑 4914 吉田 裕平 愛知
4983 前田 篤哉 愛知
4824 松井 洪弥 三重
4856 豊田健士郎 三重
三 国 4961 西橋 奈未 福井
4912 中山 将太 福井
琵琶湖 4941 孫崎 百世 滋賀
5017 澤田 尚也 滋賀
住之江 4908 上田 龍星 大阪
4927 関野  文 大阪
尼 崎 4857 加藤 翔馬 兵庫
4877 鈴谷 一平 兵庫
鳴 門 4839 四宮 与寛 徳島
4878 西岡 育未 徳島
丸 亀 4821 妻鳥 晋也 香川
4852 川原 祐明 香川
児 島 4886 入海  馨 岡山
4884 勝浦 真帆 岡山
宮 島 4872 山下 流心 広島
4963 實森 美祐 広島
徳 山 4985 井本 昌也 山口
4871 菊池 宏志 山口
下 関 4846 佐藤 駿介 山口
4937 山本 宝姫 山口
若 松 4958 溝口海義也 福岡
5028 原田才一郎 福岡
芦 屋 4932 新開  航 福岡
4936 戸敷 晃美 福岡
福 岡 4866 橋本 英一 福岡
5018 竹下 大樹 福岡
唐 津 4822 百武  翔 佐賀
4879 山崎 鉄平 佐賀
大 村 4855 江頭 賢太 長崎
4966 田川 大貴 長崎