住之江

第36回グランプリ/グランプリシリーズ

ライブ&
リプレイ
レース場
データ

トライアル

順位 登録番号 ボートレーサー 級別 モーター ボート
前検タイム
番号
2連対率
番号
2連対率
1 4444 桐生  順平 A1 79 44.8% 62 45.9% 6.83
2 3590 濱野谷 憲吾 A1 62 44.6% 88 42.8% 6.82
3 4337 平本  真之 A1 72 44.0% 74 43.4% 6.88
4 3897 白井  英治 A1 78 43.8% 64 43.1% 6.81
5 4320 峰   竜太 A1 31 43.5% 37 44.0% 6.81
6 3779 原田  幸哉 A1 37 43.1% 67 47.4% 6.84
7 3783 瓜生  正義 A1 58 40.5% 83 38.7% 6.86
8 4686 丸野  一樹 A1 38 39.8% 68 39.3% 6.92
9 3960 菊地  孝平 A1 33 39.6% 50 42.8% 6.84
10 4238 毒島   誠 A1 52 39.2% 94 39.1% 6.87
11 4477 篠崎  仁志 A1 63 38.8% 82 41.1% 7.02
12 3719 辻   栄蔵 A1 26 38.5% 28 40.9% 6.89
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

モーター抽選結果

【トライアル2nd】評判になっているのは濱野谷憲吾の62号機。14日の計測で好タイムを叩き出し、「僕がタイムを出すくらいだからね。いいと思う」と自信をのぞかせる。グランプリは準優勝が最高着順。今回こそ宿願なるか注目したい。連覇を狙う峰竜太は31号機がパートナー。当初は低調だったが、「本体整備が確実に当たった」と正解を出してきた。これが艇界を引っ張る男の底力。72号機の平本真之に明るい材料が見当たらない。1号艇の2人が明暗を分けた格好。

前検タイム

【トライアル2nd】前検のトップタイムは白井英治と峰竜太。ただ、前者は調整面であまり進展は感じられない。後者はその後の整備、調整で正解を出し、手ごたえ十分。これは信頼に値するだろう。続くタイムの濱野谷憲吾も気配は上々。マッチングも進んでおり、楽しみは膨らむ。今年の勢いをもってすれば、いよいよ機は熟した感。安定しているのは桐生順平だろう。スタート特訓で勘をつかんできている様子。買える材料には事欠かない。

シリーズ戦

順位 登録番号 ボートレーサー 級別 モーター ボート
前検タイム
番号
2連対率
番号
2連対率
1 4503 上野 真之介 A1 29 37.5% 55 28.7% 6.82
2 3744 徳増  秀樹 A1 73 37.1% 60 33.8% 6.83
2 4148 枝尾   賢 A1 80 27.8% 30 32.8% 6.83
2 4344 新田  雄史 A1 55 39.5% 59 38.7% 6.83
2 4397 西村  拓也 A1 14 37.6% 70 36.2% 6.83
6 3946 赤岩  善生 A1 15 35.9% 13 36.7% 6.84
6 4075 中野  次郎 A1 60 30.5% 54 23.8% 6.84
6 4604 岩瀬  裕亮 A1 28 33.0% 91 33.0% 6.84
9 3623 深川  真二 A1 50 32.5% 21 29.7% 6.85
9 3996 秋山  直之 A1 13 28.4% 72 35.5% 6.85
9 4028 田村  隆信 A1 68 34.5% 77 33.3% 6.85
9 4427 秦   英悟 A1 57 29.0% 81 31.9% 6.85
13 3941 池田  浩二 A1 64 38.8% 22 23.3% 6.86
14 4296 岡崎  恭裕 A1 65 37.8% 52 37.0% 6.87
14 4418 茅原  悠紀 A1 87 29.6% 71 28.4% 6.87
14 4450 平高  奈菜 A1 86 29.7% 76 34.9% 6.87
14 4502 遠藤  エミ A1 35 36.9% 84 37.9% 6.87
18 3737 上平  真二 A1 30 29.1% 65 30.1% 6.88
19 3557 太田  和美 A1 66 35.8% 75 38.7% 6.89
19 3942 寺田   祥 A1 85 30.3% 19 36.4% 6.89
19 3959 坪井  康晴 A1 24 26.7% 58 37.9% 6.89
19 4052 興津   藍 A1 39 33.8% 25 29.2% 6.89
19 4586 磯部   誠 A1 53 31.8% 38 35.6% 6.89
19 4688 永井  彪也 A1 84 29.5% 61 31.8% 6.89
25 4074 柳沢   一 A1 61 32.2% 29 31.2% 6.90
25 4266 長田  頼宗 A1 88 35.9% 53 29.6% 6.90
25 4524 深谷  知博 A1 22 33.5% 85 32.5% 6.90
25 4573 佐藤   翼 A1 36 35.3% 11 24.3% 6.90
29 3780 魚谷  智之 A1 17 34.7% 31 31.7% 6.91
29 4013 中島  孝平 A1 23 29.8% 14 36.0% 6.91
29 4042 丸岡  正典 A1 76 36.6% 24 29.9% 6.91
29 4168 石野  貴之 A1 56 38.2% 90 23.9% 6.91
29 4371 西山  貴浩 A1 81 37.8% 80 41.5% 6.91
29 4459 片岡  雅裕 A1 10 30.3% 69 34.4% 6.91
29 4512 高野  哲史 A1 89 32.0% 17 30.6% 6.91
29 4831 羽野  直也 A1 69 28.5% 20 32.2% 6.91
37 4061 萩原  秀人 A1 32 32.6% 32 30.1% 6.92
37 4350 篠崎  元志 A1 54 33.5% 35 32.8% 6.92
37 4468 大池  佑来 A1 20 28.3% 89 36.0% 6.92
40 4757 山田  祐也 A1 83 28.9% 36 36.9% 6.93
40 4760 山崎   郡 A1 11 29.2% 23 33.8% 6.93
42 4787 椎名   豊 A1 19 29.9% 27 29.8% 6.96
43 4719 上條  暢嵩 A1 12 35.9% 16 29.6% 6.99
44 4262 馬場  貴也 A1 74 42.0% 12 41.6% 7.01
45 4290 稲田  浩二 A1 18 35.2% 93 30.1% 7.03
  • 今垣 光太郎選手 途中帰郷
  • 前本  泰和選手 途中帰郷
  • 山口   剛選手 途中帰郷
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

モーター抽選結果

シリーズでの複勝率トップのモーターは岡崎恭裕がゲット。前検からスムーズな動きをみせ「全体に良かった」と、本人も納得。前検の動きそのままにシリーズをけん引したいところ。2位の14号機は地元の西村拓也が引き当てた。こちらは直線系統が強め。ここからは回り足を上向かせる調整となる。シリーズの中では好素性機と評判の29号機は上野真之介が手中に収め直線の良さをアピール。その他では赤岩善生、上條暢嵩らが上位機と目されるモーターを引き当てた。

前検タイム

モーター抽選結果に記したように、前検から直線の良さをアピールした上野真之介が、シリーズでのトップタイムを計測した。「直線はいい。スタート特訓から伸びた」と、タイムどおりの好パワーを披露した。2位は6.83の時計を叩き出し徳増秀樹、枝尾賢、西村拓也の3名が並んだ。そのなかでもやはり西村のストレートの良さが目立ち、タイムどおりの好気配。その他では赤岩善生、中野次郎、岩瀬裕亮が6.84の時計を残し、初日に向けて期待が持てる動きを見せた。