大村

ダイヤモンドカップ

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 締切予定時刻/投票 出場レーサー レース別情報
1 2 3 4 5 6
1R 14:52 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 15:20 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 15:46 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 16:20 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 16:55 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 17:27 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 17:59 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 18:32 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 19:05 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 19:38 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 20:11 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 20:45 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

4日目 推奨レース展望

11R

準優勝戦進出をかけた予選は11レースがラスト。中心は待望の1枠が巡ってきた坪井だ。上昇モーター45号機は出足系統がしっかりしており、イン戦をこなすには打ってつけの仕上がりになっている。マイペースの起こしからスタート張り込み先手先手とレースを作る。連日の本体整備でパワーアップに成功した吉川が2コースから差して追撃。3日目の転覆の影響は心配だが、影響がなければ藤岡の実戦足が強く全速戦は脅威の的に。レースぶりが安定している篠崎もまくり差しから連争いに加わる。 

4日目 熱戦レース

11R

4号艇石野が欠場となり、5艇での戦いとなります。全艇揃った気迫のスタート攻勢から、絶好枠の坪井が全速戦。坪井は追いすがる藤岡をものともせず、スルスルと艇を伸ばします。次コーナーも堅実に回った坪井は独走スタイルを構築。安定した航走を見せた坪井が勝ち切って準優勝戦へ弾みをつけています。坪井を追った藤岡が2番手。1周1マークでブイ際飛び込んだ篠崎が3番手に入っています。