唐津

全日本王者決定戦(開設66周年記念)

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 締切予定時刻/投票 出場レーサー レース別情報
1 2 3 4 5 6
1R 10:52 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 11:22 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 11:52 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 12:22 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 12:52 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 13:22 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 13:52 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 14:23 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 14:55 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 15:29 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 16:04 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 16:44 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

2日目 推奨レース展望

12R

ドリーム2ndの1号艇には、昨年のグランプリ準優勝の桐生が登場するが、肝心の舟足は中堅一杯で枠と腕が頼り。中心は初日後半は大敗したが、出足がくる良機26号機と組む地元エース深川とみた。2コースから堅実に差してバック内有利に伸び切る。インの利を活かす桐生の逃げが相手となるが、機力ではWエース機のひとつ34号機と組む辻が一枚上。ダッシュを乗せて鋭くまくり差し迫る。足色は目立たないが、太田、池田も展開ひとつで単圏へ。 

2日目 熱戦レース

12R

カドの池田がトップタイミングを放ちます。1マークは桐生がポジション優位に先マイ。内寄り差した池田はあと一歩届かず、桐生がバックストレッチ先頭へ。次のコーナーで桐生の旋回が若干膨らみ、池田が再び差し迫りますが、しっかり伸びた桐生が1番手をキープします。桐生はその後も守り切って1着でゴールイン。シリーズ1つ目の勝ち星をゲットしています。池田は惜しくも2着まで。