福岡

福岡チャンピオンカップ開設68周年記念競走

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 締切予定時刻/投票 出場レーサー レース別情報
1 2 3 4 5 6
1R 10:37 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 11:06 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 11:35 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 12:05 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 12:35 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 13:06 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 13:38 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 14:11 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 14:44 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 15:21 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 16:00 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 16:40 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

4日目 推奨レース展望

12R

3日目まで未勝利の瓜生だが、予選ラストカードは絶好枠に組まれて1勝の計算。モーターは均整が取れてヒケを取らない仕上がり。しっかりとスタートを決めて外の攻めを封じる。岡崎は2コースなら差しに的。ひき波をスムーズに越えてバック追走の一番手となる。地元の両者に割って入るのが菊地。内の動向を読んだ自在戦で肉薄する。内枠の三者に機力面では見劣るものの、馬場もスピードを活かした走りで見せ場を作る。 

4日目 熱戦レース

12R

馬場がスローを選択し、1234/56の隊形に。コンマ04の快スリットを決めた瓜生が先マイを放ちます。先行した瓜生は一艇身のリードを保ったまま続く2マークへ。堅実な旋回で艇間を広げていきます。瓜生が見事な逃走劇を演じて1着でゴール。嬉しい節間初白星で、準優勝戦へ弾みをつけています。差して順走した岡崎が次位入線。岡崎を追った馬場が3着を取り切りレースを終えています。