福岡

第56回ボートレースクラシック

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 締切予定時刻/投票 出場レーサー レース別情報
1 2 3 4 5 6
1R 10:32 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 11:01 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 11:32 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 12:03 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 12:34 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 13:05 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 13:37 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 14:09 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 14:41 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 15:18 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 15:56 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 16:41 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

最終日 推奨レース展望

12R

シリーズリーダーの寺田が準優で敗れる波乱があり、予選2位通過の石野が優勝戦のポールポジションをつかんだ。「ターン回りはかなりの手応え」と、回り足を軸に機力はほぼ完調。クラシックは初、9度目のSG制覇へ最後も渾身の逃げを放つ。地元で待ったをかける篠崎が相手。狙いすました差しハンドルでバック肉薄する。早いスタートを武器に襲いかかる稲田に一発力。守田と湯川は展開を突いて食い下がる。 

最終日 熱戦レース

12R

オールスローの進入隊形から、石野がコンマ11のトップスタート。1マークでまくらせず差させずのターンを繰り出し、他艇をシャットアウトします。石野はバックストレッチで早々にリードを奪うと、グイグイと艇を伸ばしてその差を拡大。2マークを回ったところで完全な一人旅に持ち込みます。その後も危なげなく周回を重ねた石野が栄光のゴールイン。石野がボートレースクラシックを初戴冠しています。