福岡

福岡チャンピオンカップ開設67周年記念競走

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 締切予定時刻/投票 出場レーサー レース別情報
1 2 3 4 5 6
1R 10:37 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 11:06 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 11:35 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 12:04 発売終了
A1
A1
B1
A1
A1
A1
5R 12:34 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 13:05 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 13:36 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 14:08 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 14:41 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 15:19 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 16:00 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 16:47 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

最終日 推奨レース展望

12R

準優3番勝負でただひとり逃げを決めた吉川が、ポールポジションの1号艇をゲットした。舟足は高いレベルで3拍子揃う快速仕様で優勝戦の中に入っても強めの評価。2007年にグランプリを制し黄金のヘルメットを戴冠した思い出の福岡水面で、今年3度目のVへイン速攻を決める。相手はエース機とタッグを組む高野。2コースから外の攻めをブロックして差してバック吉川に迫る。鬼門だった当地を克服し快走が続く寺田に、地元の砦を守り優出を決めた瓜生も地の利存分に見せ場を作る。 

最終日 熱戦レース

12R

全艇スローの進入でスリットはほぼ横一線となります。絶好枠に陣取った吉川が1マークを先制。高野が差しを狙いますが、吉川は付け入る隙を与えず押し切っていきます。吉川は続く2マークで高野を突き放し、セーフティーリードへ。その後も冷静に周回を重ねていきます。最後まで危なげなく運んだ吉川が優勝のゴールラインを通過。吉川が通算20回目のG1タイトル制覇を果たしています。