徳山

徳山クラウン争奪戦開設68周年記念競走

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 締切予定時刻/投票 出場レーサー レース別情報
1 2 3 4 5 6
1R 10:32 発売終了
A1
A1
B1
A1
A1
A1
2R 11:01 発売終了
A1
A1
A1
A1
B1
A1
3R 11:30 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
B1
4R 12:00 発売終了
A1
A1
B1
A1
A1
A1
5R 12:30 発売終了
A1
B1
A1
A1
A1
A1
6R 13:00 発売終了
A1
A1
A1
A1
B1
A1
7R 13:32 発売終了
A1
B1
A1
A1
A1
A1
8R 14:05 発売終了
A1
A1
A1
B1
A1
A1
9R 14:39 発売終了
A1
A1
A1
B1
A1
A1
10R 15:16 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 15:58 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 16:45 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

最終日 推奨レース展望

12R

変わらず実戦足は良好の原田。「流れがいい」とレースリズムも充実していて特に不安なところが見当らない。G1連覇に向けて力強く逃げ切る。日毎にレベルアップを図ってきている菊地が相手筆頭。一番差しに限らず強気の握りマイ攻勢で内を沈めにかかる走りも一考したい。理想の仕上がりになってきている魚谷。内枠両者の間隙を鋭く突き抜ける捲り差しを炸裂させたいところ。展開待ちになりそうな吉川だが、捌きのうまさを見せて道中勝負に持ち込みたい。 

最終日 熱戦レース

12R

内4艇が揃ったスタートから、絶好枠の原田が先マイを放ちます。原田は直線で一歩前に出ると、続く2マークも全速で旋回。粘る魚谷を背に徐々に水を開けていきます。その後も危なげなく周回を重ねた原田が見事優勝のゴールイン! 徳山クラウン争奪戦を初制覇しています。原田を追った魚谷が次位入線。最終コーナーで大上を引き波に沈めた山口が3着を取り切りレースを終えています。