徳山

第64回中国地区選手権競走

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 締切予定時刻/投票 出場レーサー レース別情報
1 2 3 4 5 6
1R 10:36 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 11:04 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A2
3R 11:33 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 12:02 発売終了
A1
A2
A1
A1
A1
A1
5R 12:34 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A2
6R 13:06 発売終了
A1
A1
A1
A2
A1
A2
7R 13:38 発売終了
A1
A1
A2
A2
A2
A1
8R 14:10 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A2
9R 14:42 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 15:18 発売終了
A1
A1
A2
A1
A1
A1
11R 15:58 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 16:45 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

最終日 推奨レース展望

12R

安定板装着、2周レースと厳しいコンディションとなった準優三番勝負。シリーズリーダーの白井が2着に敗れたことで、茅原に絶好枠が巡ってきた。これが中心となるが、雪辱を期す白井の逆転は十分。G1初Vを狙う大上と原田は気合も満点で、それぞれのプライドを懸けた好勝負が繰り広げられることだろう。紅一点・寺田は男女混合のG1戦優出が約14年ぶりとなる快挙。仕上げに不安なく、新たなる勲章を手に入れるチャンスが到来した。穴党は必見。 

最終日 熱戦レース

12R

安定板使用で周回短縮という厳しい条件下で行われた優勝戦。悪天候をものともせず、内4艇が好スタートを放ちます。大上が差しを狙うも流れ、茅原がインから逃げの一手。スピードに乗り、みるみる後続を突き放していきます。茅原は続く2マークも手堅く旋回し独走スタイルへ。終始手綱を緩めることなく航走を重ねた茅原が中国地区選手権を制覇。今年初のG1戴冠を達成しています。