徳山

G1徳山クラウン争奪戦 開設65周年記念競走

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 電話投票 場外 出場レーサー レース別情報
締切予定時刻/投票 締切予定
時刻
1 2 3 4 5 6
1R 10:31 発売終了 10:31
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 11:00 発売終了 11:00
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 11:29 発売終了 11:29
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 11:59 発売終了 11:59
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 12:29 発売終了 12:29
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 12:59 発売終了 12:59
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 13:29 発売終了 13:29
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 13:59 発売終了 13:59
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 14:30 発売終了 14:30
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 15:05 発売終了 15:05
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 15:42 発売終了 15:42
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 16:32 発売終了 16:32
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

最終日 推奨レース展望

12R

4日目のイン戦は2着に敗れ不覚を取った太田だが、準優勝戦は鮮やかなイン逃げを披露してファイナルの絶好枠をゲットした。モーターの仕上がりはここでも見劣りしないレベル。最後も堂々と押し切って徳山周年初Vへ。魚谷の舟足も負けていない。スリットでイン艇にプレッシャーを与え素早い差しハンドルで肉薄する。大上が鋭発一気のまくり勝負。その展開を見逃さない茅原も軽視できない。 

最終日 熱戦レース

12R

インからしっかりと踏み込んだ太田が1マークを先マイします。バックストレッチで早々にセーフティリードを築くと、太田は続くブイも先制ターン。太田は後続を尻目に悠々と周回を重ねていきます。最後まで危なげない走行を披露した太田が、そのままトップでゴールラインを通過。見事、徳山周年記念の初優勝を飾っています。3周1マークまでもつれた魚谷と大峯の2番手争いは、大峯の猛追をこらえた魚谷に軍配。