宮島

宮島ダイヤモンドカップ

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 締切予定時刻/投票 出場レーサー レース別情報
1 2 3 4 5 6
1R 10:34 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 11:04 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 11:35 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 12:07 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 12:39 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 13:12 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 13:44 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 14:17 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 14:50 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 15:29 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 16:06 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 16:50 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

最終日 推奨レース展望

12R

風向きがコロコロ変わり、うねりも伴うコンディション。準優三番勝負は難しい局面の中、明暗が分かれた。1号艇で勝利したのは桐生のみ。結果、優勝戦のポールポジションに収まった。予選ラストは「乗りにくい」と話していたが、きっちり立て直して舟足は一変。「全部の足が◎」と自信をのぞかせた。チャンスをモノにして宮島G1Vへ。マッチングに成功した新田、地元の牙城・山口が逆転を目論む。外枠勢では井口を推奨。執念の追い上げに勝利への渇望がわく。 

最終日 熱戦レース

12R

揃ったスタートから桐生が真っ先に1マークへ向かいます。桐生はまくらせず差させずのターンを繰り出すと、バックストレッチで先頭をキープ。力強く艇を伸ばして、2艇身ほどのリードを奪います。桐生は以降も後続の追撃を許さず、周回を重ねる毎に差を拡大。堂々と逃げ切った桐生が宮島ダイヤモンドカップを制し、今年2つ目のG1タイトルを手にしています。2周1マークで前に出た新田が、上平を振り切って準優勝。