丸亀

京極賞開設69周年記念競走

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 締切予定時刻/投票 出場レーサー レース別情報
1 2 3 4 5 6
1R 14:50 発売終了
A1
A1
A1
A1
A2
A1
2R 15:21 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 15:52 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 16:23 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 16:54 発売終了
A1
A1
A2
A1
A1
A1
6R 17:25 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 17:56 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 18:27 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 18:58 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 19:32 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 20:06 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 20:45 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

最終日 推奨レース展望

12R

予選トップ通過の永井が、準優勝戦を危なげなく逃げ切りファイナルの絶好枠を奪った。実戦足を軸にモーターは申し分のない仕上がり。2019年9月のヤングダービー以来となる2度目のG1優勝に王手。地元タイトル奪取に向けて気持ちが高ぶる中田と平高。的確なスタートから渾身の差しを狙うのが中田なら、平高は内の動向を読んだ自在戦でバック肉薄。両者とも舟足はトップレベル。伸び足軽快な北村がカドから仕掛ける展開になると平尾に展開が向く。 

最終日 熱戦レース

12R

絶好枠の永井がトップスタートを放って速攻戦を展開します。平高がまくり差し仕掛けるも及ばず。永井はターン出口でグイッと艇を伸ばし、みるみるうちにその差を拡大します。次コーナーも全速で回った永井は、後続と大きく水を開けて安全圏へ突入。勝利への一人旅を満喫します。しっかりと逃げを打った永井が1着でゴールラインを通過。見事周年初戴冠で今年3つ目の優勝を果たしています。