丸亀

G1第61回四国地区選手権競走

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 電話投票 場外 出場レーサー レース別情報
締切予定時刻/投票 締切予定
時刻
1 2 3 4 5 6
1R 14:41 発売終了 14:41
A2
A2
A1
A2
A2
A2
2R 15:10 発売終了 15:10
A2
A2
A1
A1
A2
A2
3R 15:39 発売終了 15:39
A2
A2
A2
A1
A2
A1
4R 16:09 発売終了 16:09
A2
A2
A2
A1
A2
A1
5R 16:40 発売終了 16:40
A1
A2
A2
A1
A2
A1
6R 17:12 発売終了 17:12
A2
A2
A2
A1
A2
A1
7R 17:44 発売終了 17:44
A2
A1
A2
A2
A2
A1
8R 18:17 発売終了 18:17
A1
A2
A2
A2
A1
A2
9R 18:54 発売終了 18:54
A1
A1
A2
A2
A2
A2
10R 19:32 発売終了 19:32
A2
A1
A1
A2
A1
A1
11R 20:11 発売終了 20:11
A1
A2
A2
A2
A1
A2
12R 20:44 発売終了 20:44
A1
A1
A2
A2
A1
A2
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

5日目 推奨レース展望

11R

予選トップ通過の林が準優勝戦ラストの1号艇を務める。周りとのモーター差は縮まってきたものの、それでも中心は揺るぎない。インから伸び返す足色を見せて一気に逃げ切りたいところ。以下は混戦ムードだが、シリーズ4日目は1、2着とリズムアップの森高を指名。スロー水域へ動いて渾身の捌きで抜け出しを図るか。今節のスタート平均がコンマ07の一宮はダッシュ戦から思い切ったスタート攻勢で突破を目論みたい。穴的存在ならば中田の連絡みになりそう。 

5日目 熱戦レース

11R

森高が展示より内の2コースに入り、進入は15/23/46の並びとなります。深い起こし位置をものともせずにトップスタートを決めた林が1マークを先制。外から飛び出してきた一宮に抵抗しながら、中田がまくり差していきます。中田は角度よくハンドルを入れたものの、艇が浮いて林までは届かず。林が安全圏まで差を開いていきます。そのまま走り切った林が1着。見せ場作った中田が2着となっています。