鳴門

大渦大賞開設68周年記念競走

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 締切予定時刻/投票 出場レーサー レース別情報
1 2 3 4 5 6
1R 10:32 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 11:03 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 11:34 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 12:05 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 12:36 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 13:08 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 13:40 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 14:13 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 14:46 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 15:22 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 16:00 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 16:43 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

最終日 推奨レース展望

12R

池田が鳴門周年V2に王手をかけた。準優は逃げてパーフェクトな内容。残る5人には寸分のスキも与えなかった。機力は完調。再現よろしく、圧巻の逃走劇でフィナーレを締めくくる。西山が逆転を画策。グランプリ出場へ賞金の上積みにこだわる。日頃から親交の深い2人。戦い方は熟知しており、相手に取って不足はない。丸野がメモリアルに続く優出。ケガを克服し、地力に加え、精神力の強化が目立つ。連覇がかかる岡崎は展開待ちだが、モツれれば突き抜ける機技。 

最終日 熱戦レース

12R

コンマ01の鋭発ショットを放った池田が1マークを先取り。他艇を寄せ付けない走りで早々の抜け出しに成功します。池田は直線でグイグイと艇を伸ばすと、次コーナーも全速でクリア。その差をさらに広げて、セーフティーリードを構築します。その後も危なげなく周回を重ねた池田が優勝のゴールイン。見事な逃走劇を披露し、大渦大賞を9年ぶり2度目の制覇としています。差して順走した西山が次位入線。