鳴門

G1大渦大賞開設66周年記念競走

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 電話投票 場外 出場レーサー レース別情報
締切予定時刻/投票 締切予定
時刻
1 2 3 4 5 6
1R 10:29 発売終了 10:29
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 10:59 発売終了 10:59
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 11:30 発売終了 11:30
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 12:01 発売終了 12:01
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 12:32 発売終了 12:32
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 13:04 発売終了 13:04
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 13:36 発売終了 13:36
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 14:08 発売終了 14:08
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 14:40 発売終了 14:40
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 15:18 発売終了 15:18
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 15:56 発売終了 15:56
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 16:39 発売終了 16:39
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

最終日 推奨レース展望

12R

銘柄級が出揃った優勝戦。捨てる駒なく、見ごたえ十分のラストバトルとなりそうだ。主役はもちろん田村。出足中心に好状態をキープしている。絶好枠なら申し分ない仕上がり。地元周年の初戴冠へ、Vロードをばく進する。次位争いは混戦。ストレートに力感ある篠崎も楽しみだが、準優でまくりを決めた菊地のスタート力は当然、目が離せない。太田はこの仕掛けに乗る算段。今年17回目の優出となった徳増。機技ともに充実しており、一発があっても不思議はない。 

最終日 熱戦レース

12R

大外枠の峰を除いてほぼ横一線のスリット。1コースから田村が位置優位に先マイを放ちます。直線でグイッと伸びると、田村はそのまま次の2マークもきっちり旋回。安全圏を確保した田村は、周回を重ねるごとに後続との差を拡大していきます。堂々の逃走劇を披露した田村が先頭でゴールラインを通過。悲願の大渦大賞・初制覇を果たしています。差して順走した篠崎が2番手で入線。