住之江

太閤賞競走開設66周年記念

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 締切予定時刻/投票 出場レーサー レース別情報
1 2 3 4 5 6
1R 14:45 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 15:17 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 15:49 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 16:21 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 16:53 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 17:25 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 17:57 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 18:29 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 19:02 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 19:35 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 20:09 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 20:45 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

初日 推奨レース展望

12R

12レースのドリーム戦は、メッカ住之江で数々のドラマを刻んできた王者・松井が1号艇で登場する。引いた61号機はA級の選手が続いており、2連対率トップほどの飛び抜けたモーターではないが、松井の手が加われば底上げは確実。差しもまくりも封じて逃げのスタイルに持ち込みそうだ。逆転の一番手は実戦向きの上位機と組む菊地。センター3コースからスリットで先手を奪い自在な立ち回りでバック松井に迫る。遠藤はフライング一本持ちとあり2コースから定石通り差し構えか。太田、秦は混戦を待って浮上を狙う。

初日 熱戦レース

12R

遠藤と菊地が0台に踏み込む好スタートを放ちます。先マイする松井に対し、菊地がまくり差しで応戦。菊地は松井を捕らえると、直線で両者並走状態となります。続く2マークを菊地が先制するも流れ加減。松井がブイ際を突いて浮上し、再び競り合う展開となります。勝負の2周1マーク、菊地を牽制しながら回った松井が首位の座へ。以降も猛追する菊地をしのぎきった松井が初日を勝利で飾っています。