住之江

太閤賞競走開設65周年記念

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 締切予定時刻/投票 出場レーサー レース別情報
1 2 3 4 5 6
1R 14:42 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 15:10 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 15:39 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 16:08 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 16:39 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 17:10 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 17:43 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 18:17 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 18:52 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 19:28 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 20:06 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 20:45 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

初日 推奨レース展望

12R

地元・強力布陣の頂点に立つ松井が、初日ドリームの1号艇に鎮座する。前検日の評価は「普通」だが、舟足は見劣ることなくまずまずの雰囲気。インが幅を利かせる住之江水面で、コース有利に押し切りシリーズに弾みをつける。2コースを守り手堅く差す白井が相手。バック伸び比べに持ち込みたい。「少し余裕があった」と、好ムードの石野がカドに引いてまくり強襲。冷静に展開を読む山崎の舟足も悪くなく侮れない。 

初日 熱戦レース

12R

スリットからダッシュよく伸ばした石野がまくりにいきますが、松井が巧みにけん制しながら1マークを旋回。後続を寄せ付けず、バックストレッチでリードを奪います。1周2マークを終えて一人旅に持ち込んだ松井は、その後も危なげない航走で勝ち名乗り。松井が威風堂々と逃げ切り、幸先いい滑り出しとなっています。石野との接戦を制した白井が2番手で入線。3番手に石野が入っています。