三国

三国モーターボート大賞〜昭和平成無差別マッチ〜

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 締切予定時刻/投票 出場レーサー レース別情報
1 2 3 4 5 6
1R 10:41 発売終了
A1
A2
A2
A2
A2
A1
2R 11:09 発売終了
A1
A2
A2
A2
A1
A2
3R 11:37 発売終了
A1
A2
A1
A2
A2
A2
4R 12:07 発売終了
A2
A2
A2
A1
A2
A2
5R 12:38 発売終了
A1
A2
A1
A2
A2
A2
6R 13:09 発売終了
A1
A2
A2
A1
A2
A1
7R 13:40 発売終了
A2
A2
A2
A1
A2
A1
8R 14:11 発売終了
A1
A2
A2
A1
A2
A1
9R 14:42 発売終了
A1
A2
A2
A2
A2
A1
10R 15:20 発売終了
A1
A1
A1
A2
A1
A1
11R 15:58 発売終了
A2
A1
A1
A1
A1
A2
12R 16:43 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A2
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

最終日 推奨レース展望

12R

準優3個レースは全てイン逃げの決着。この結果、予選トップ通過の山田が優勝戦の絶好枠を奪った。ターン後に鋭く立ち上がる舟足を軸にモーターは三拍子揃う快速仕立て。最後もきっちりとスタートを踏み込んで外の攻めを封じる。豊田が2コースを選択。こちらも出足系統はそん色ない仕上がり。インの山田にミスがあると差してバック台頭の場面も。中島はテクニックを駆使して自在攻め。冷静に展開を読む坪井も侮れない。 

最終日 熱戦レース

12R

唯一の0台スタートを決めた中島が激しく絞っていくも、山田が抵抗して攻めきれず。イン立て直した山田が先マイを放ちます。山田はバックストレッチでみるみるうちに抜け出すと、続く2マークも渾身のターン。後続との差をさらに拡大し、独走スタイルを構築します。見事な逃走劇を披露した山田が1着でゴールラインを通過。モーターボート大賞を制し、嬉しいG2初優勝となっています。