多摩川

第24回チャレンジカップ/G2レディースCC

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 締切予定時刻/投票 出場レーサー レース別情報
1 2 3 4 5 6
1R 10:30 発売終了
A1
A2
A1
A1
A1
A1
2R 10:57 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 11:24 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 11:51 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 12:18 発売終了
A1
A2
A1
A1
A1
A2
6R 12:45 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 13:14 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 13:45 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 14:19 発売終了
A1
A1
A1
A1
A2
A1
10R 14:54 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 15:35 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 16:21 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

最終日 推奨レース展望

12R

暮れの1億円バトル出場キップをかけた熱き6日間もいよいよ大詰め。優勝戦のV最短距離1号艇をつかんだのは予選トップ通過から準優勝戦もきっちりインから押し切った辻。良機なりに優勝戦の中に入っても機力負けはなし。勝てば圏外だった賞金ランクも大幅に上積みしトップ10入りとなる大一番だ。スリット横一線にまとめてこん身の逃げを決める。瓜生が2コースから真っ先に差しに入るが、再度の3枠戦でまくり差しを狙う好パワーの新田も差は僅か。桐生は差しから道中追い上げる形。 

最終日 熱戦レース

12R

好タイミングで踏み込んだ辻が先取りしますが、やや流れたところに瓜生が差しハンドルを入れてバック並走。更に内から桐生が伸びてくると、瓜生は牽制しながら続く2マークを旋回します。ここで瓜生が膨らみ、すかさず差し返した辻が優位な隊形を構築。辻は2周1マークを手堅くさばき、瓜生を突き放していきます。そのまま守った辻が優勝のゴールイン。2005年以来およそ16年ぶりのSG制覇を成し遂げています。