多摩川

ウェイキーカップ開設67周年記念

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 締切予定時刻/投票 出場レーサー レース別情報
1 2 3 4 5 6
1R 10:44 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 11:11 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 11:38 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 12:06 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 12:35 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 13:05 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 13:36 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 14:08 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 14:43 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 15:20 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 15:58 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 16:45 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

最終日 推奨レース展望

12R

準優勝戦3番勝負はすべてイン逃げ決着。よって優勝戦のポールポジション1号艇をつかんだのは予選トップ通過の毒島。出足、行き足に回り足と機力面は万全。昨年の66周年記念に続く大会連覇、多摩川5連続Vへインから速攻あるのみ。回り足が完調の松尾がセンター3コースからまくり差しで毒島の懐を狙うが、乗れている渡邉の差しも好勝負。良機とタッグで今節は伸び型の仕上がりになっている茅原は、4コースカド位置からダッシュを乗せ自在戦で1マーク攻略を目論む。 

最終日 熱戦レース

12R

フルダッシュ乗せてスリット駆け抜けた茅原が、スロー勢を飲み込む絞りまくり! インの毒島が必死の抵抗も茅原がかわして先頭に立ちます。直線でスルスルと伸びていった茅原は後続との差を広げ、次コーナーも豪快にクリア。独走スタイルを構築します。その後も堅実に周回を重ねた茅原が1着でゴールラインを通過。見事ウェイキーカップを初制覇し、今年2つ目のG1戴冠としています。