平和島

開設67周年記念 トーキョー・ベイ・カップ

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 締切予定時刻/投票 出場レーサー レース別情報
1 2 3 4 5 6
1R 10:44 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 11:10 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 11:37 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 12:07 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 12:37 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 13:09 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 13:41 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 14:15 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 14:49 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 15:24 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 16:00 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 16:40 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

初日 推奨レース展望

12R

初日のメインカードはトーキョー・ベイ・ドリーム。主役はもちろん、東都のエース・濱野谷憲吾がつとめる。4月の大村ダイヤモンドカップでG1制覇。続くマスターズチャンピオンも予選突破を果たした。気温の上昇とともに調子はうなぎ登り。同大会16年ぶりの制覇を目指して、結果にしっかりとこだわっていく。王者・松井が対抗格。安定した走りに狂いなく、どんな舞台でも力を出し切ってくる。瓜生・西山の福岡コンビも侮れないが、やはり桐生の一発は要警戒。 

初日 熱戦レース

12R

ダッシュよく駆け抜けた瓜生が、ブイ際狭いところをピンポイントにまくり差し。瓜生はバックストレッチで先行すると、次の2マークもしっかりと自らのターンを決めます。粘る濱野谷をじわじわと引き離した瓜生がそのまま1着でゴール。初日を白星発進で幸先のよい滑り出しとなっています。瓜生を追った濱野谷が2着を確保。1周1マークで展開を読んだ桐生が3着に入りレースを終えています。