グランプリを読み切るキーポイント3

レーサー、コース、モーター・・・、データを広角チェック!初のナイター・グランプリで、確勝の舟券勝負

冬の住之江・ナイター・グランプリを読み切るキーポイント3 『マンスリー BOAT RACE』データ室

キーポイント1
「冬の住之江」

例年、冬の住之江は北からホーム追い風がよく吹く。雨上がりだと強さが増し、1Mは差し水面に変化する場合もある。とはいえ、基本的には緩やかな追い風で、イン有利は明らかだ。

昨年12月の開催データを調べると、1コース1着率は66.5%。全国平均よりもやや高めで、イン優勢の流れ。昨年12月は例年よりも気温が高い日が多かったが、スロー優位のレースは変わらなかった。今年の12月の近畿地方は、気温が昨年よりやや高めの予報が出ている。ナイターグランプリ(GP)となっても、イン有利の組み立てが定石か。

キーポイント2
「グランプリのレース傾向」

昨年のGPトライアルを振り返ると、1~5日目までの合計10レースのうち、枠なりが9レースもあった。しかし、進入隊形が微妙に違う。3対3が6レースあったが、5対1が2レース、全艇スローも1レースあった。これが何を意味するのか。

近年のGPトライアルは、外枠勢がシビアに回り込もうとアクションを起こす。しかし、内枠勢も抵抗して枠なりのパターンが増えた。結果はトライアル1stが逃げ3本、同2ndも逃げ3本。ともにイン優勢で、1stの方が「1枠絶対」の流れが目立つ。舟券的には、モーター差の激しいトライアル2ndで好配当を狙う手か。

キーポイント3
「温水パイプ装着後のモーター気配」

住之江は10月1日から温水パイプが装着された。モーター相場も多少の変化が起きた。2連率は低くても、動きが上向いたのは「50」「52」「23」「61」の4基。GPシリーズ戦回りになっても、決して侮れない。

特に、「52」は温水パイプを装着して最初に使われたルーキーシリーズで、今泉友吾が10走して9回も2連対し、予選トップ通過から優勝。今泉が「ほとんど何もしていません。乗り味が良いし、温水パイプが付いて良くなったと思います」と話していた。その後に乗った胡本悟志も、後半は全体に気配が上向いた。行き足が軽快になった「50」や、出足や回り足が目立った「23」「61」も期待が持てる。

気になるデータ
賞金上位レーサーだからといって、「絶対」「年中」強いわけではない!

賞金獲得額が上位だからといって、「絶対」に強いわけではないし、「年中」強いわけでもない。例えば、2019年獲得賞金額2位でグランプリに出場する吉川元浩の場合、SG・GIに17節出場して優出は4回。一方、2018年の賞金王・峰は19節出場して優出10回。どちらが舟券に貢献してくれているかは歴然としている。

ファンにとっては、舟券に貢献してくれる選手こそが「強い選手」。だから買う、とはならなくても、獲得賞金額とは異なる「強さ」を知るデータも舟券推理には欠かせない。

グランプリ出場選手 SG・GI出場節数と上位進出回数 (2019年1月1日~11月24日)
賞金獲得額
順位
選手名 節数 準優出→優出→優勝
1 毒島  誠 21節 16回 6回 2回 (SG2回・GI0回)
2 吉川 元浩 17節 11回 4回 2回 (SG2回・GI0回)
3 石野 貴之 17節 10回 6回 2回 (SG1回・GI1回)
4 峰  竜太 19節 18回 10回 2回 (SG0回・GI2回)
5 桐生 順平 18節 14回 9回 3回 (SG0回・GI3回)
6 瓜生 正義 18節 12回 5回 2回 (SG1回・GI1回)
7 柳沢  一 16節 9回 2回 1回 (SG1回・GI0回)
8 井口 佳典 22節 16回 9回 1回 (SG0回・GI1回)
9 馬場 貴也 19節 10回 3回 0回 (SG0回・GI0回)
10 白井 英治 12節 11回 5回 1回 (SG0回・GI1回)
11 田村 隆信 16節 11回 6回 2回 (SG0回・GI2回)
12 徳増 秀樹 15節 11回 4回 0回 (SG0回・GI0回)
13 菊地 孝平 21節 13回 5回 1回 (SG0回・GI1回)
14 太田 和美 21節 11回 5回 1回 (SG0回・GI1回)
15 池田 浩二 16節 9回 3回 2回 (SG0回・GI2回)
16 今垣光太郎 17節 7回 5回 1回 (SG0回・GI1回)
17 平本 真之 15節 8回 6回 0回 (SG0回・GI0回)
18 茅原 悠紀 22節 11回 3回 0回 (SG0回・GI0回)

12月1日時点の2連率上位6モーターが、トライアル 2nd(12/19(木)~)から出場!

モーター2連率ベスト19(2019年3月・使用開始~11月4日)
順位 モーター
番号
2連率 整備士の
優出 優勝 出足 伸び 回り足 記者の
1 88 56.8% 出足・行き足・伸びと三拍子揃ったモーター。ここ数年で最高クラス
5 0 季節、乗り手、温水パイプ装着を問わない。出足や回り足は力強い
2 78 52.9% 伸びが最大の魅力で、差せば捕まえるし、捲れば突き抜ける好機だ
5 1 7月のペラ交換からパワー上昇。9月徳増秀樹が「節一」宣言出た
3 17 48.9% 伸びがやや下降も出足が強力に。準優をほぼ外さず安定感はNo.1
7 2 もともと素性が良く、8月のプロペラ交換後に出足、行き足が良化
4 35 47.6% 6月GIで湯川浩司がギヤケース交換し、最強の伸び型に激変した
5 2 8月は井上一輝がオール大阪を優勝、秋にプロペラ交換も伸びOK
5 85 45.3% 夏場は出足型。最近は出足を落とさずに伸びが付き好成績をキープ
3 1 9月までは伸び型も、温水パイプが付いた10月以降は回り足が下降
6 82 44.7% オレンジモーターだったが、9月GIで新品プロペラ交換後は中堅
4 0 9月にプロペラ交換も行き足は良。温水パイプ装着後はバランス型
7 74 42.3% 特化した足はないが逆に欠点もない。誰が乗っても中堅上位キープ
3 1 出足、行き足は安定。9月田村隆信は行き足が良く、GI戦で優出
8 39 41.4% 9月GIの優勝モーター。次節はやや苦戦も出足を中心に中堅上位
4 2 9月GI戦で石野貴之が優勝も、10月山田和佐が試運転転覆で下降
9 19 41.1% 近況はパッとしないが、合えばエース級と対等のポテンシャル秘め
4 0 秋口からは乗り手を問わず、伸び型に仕上がる。1st組では上位
10 13 40.3% 乗り手に合わせた成績。温水パイプが付いて成績が良いのも好材料
4 2 A級乗ればレース足仕上がるが、温水パイプ装着後は目立たなくて
11 34 40.0% 乗り味が魅力。乗り手の半分以上がB級も、そこそこ成績を残して
3 1 夏場はパワー上々も11月山谷央が転覆でプロペラ交換。足落ち心配
11 64 40.0% 9月GIで原田幸哉がプロペラ調整。出足が良化し展開を突ける足
2 0 9月からは乗り手を問わず、伸びが軽快に仕上がる。実績問題なし
13 63 39.4% 6月の中間整備でキャリアボデー交換。仕上がるも良くて中堅上位
0 0 4月に平高奈菜、9月に藤山雅弘が優勝。乗り味○も他は目立たず
14 66 39.1% オレンジモーターだったが、近況は乗り手に恵まれずやや下降気味
2 1 夏場は伸び、回り足共に良かったが、秋に入って中堅レベルの足に
15 86 38.9% 出足よりで、ターン回りも問題なし。課題は伸びで整備が必要かも
3 1 良かったのは7月濱野谷憲吾ぐらい。温水パイプが付いても中堅で
15 33 38.9% 9月GIで住之江巧者の井口佳典がやや苦戦。回転合えば戦える足
2 2 9月岡田憲行と11月佐藤大佑が優勝。佐藤は節一の伸びに仕上げた
17 55 38.2% 出足が劣勢で伸びより。握って回る選手向きだが、調整の幅が狭い
4 0 行き足の良いときはあったが、誰が乗っても回り足が良くならない
18 11 37.6% 出足よりでターン回りは問題なし。課題は伸びだが出足活かし上位
3 0 温水パイプが付いて、10月和田拓也、11月山本修一と共に動き良し
19 59 35.9% 9月GIで存在感。全体的にバランスが取れていて、伸びも良い方
2 0 春先は好パワーも夏場から目立たず。10月プロペラ交換でなお下降
19 60 35.9% 回転の上がりがイマイチだが、整備次第では上位に入る可能性十分
3 0 レース足が仕上がらない。11月は吉田健太郎が転覆して、動き下降

ボートレース住之江では2連率上位6基を「オレンジモーター」として、モータープレートの数字とボートのカウリングをオレンジ色にしています。
[SG第34回グランプリ・トライアル2nd(12/19(木)~)に、12/1(日)時点の2連率上位6基が出場します。]