平成29年 優秀選手表彰式典を開催

ピックアップニュース 2018/02/06

ボートレース業界の「平成29年 優秀選手表彰式典」(主催:一般財団法人日本モーターボート競走会)が本日、午前11時30分より品川プリンスホテルアネックスタワー「プリンスホール」(東京都港区)において、全国から来場されたボートレースファンを含めた約650名の来賓者を得て華やかに開催されました。
 
このたび表彰された選手は、最優秀・最多賞金獲得・記者大賞の3部門に輝いた登録第4444号 桐生 順平 選手(埼玉)、最高勝率の登録第4320号 峰 竜太 選手(佐賀)、最多勝利の登録第3582号 吉川 昭男 選手(滋賀)、優秀女子の登録第4502号 遠藤 エミ 選手(滋賀)、最優秀新人の登録第4831号 羽野 直也 選手(福岡)、特別賞の登録第4168号 石野 貴之 選手(大阪)、登録第4190号 長嶋 万記 選手(静岡)が受賞しました。
 
同式典においては、競走会 潮田 政明 会長より「本日、約1,600名の選手の中で、昨年1年間を通じて目覚しい活躍をされ、ここに表彰の栄誉に輝く7名の選手と、ご家族の皆様方の今日までのたゆまぬご努力に対しましては深甚なる敬意を表すると共に、心からお祝い申し上げます。私共は、魅力あるボートレースを、より多くのお客さまに楽しんでいただくために、ボートレース下関でのナイターレースの開催や、ボートレース徳山の新スタンドオープン、ボートレースチケットショップや外向発売所の新規開設など、様々な施策を実施してまいりました。また、ボートレーサー養成所におきましても、スター選手育成のために、養成訓練のさらなる充実を図っております。」旨の挨拶に続き、国土交通副大臣 あきもと 司 様 よりご祝辞を頂戴しました。
 
その後、潮田会長より表彰選手に表彰盾が授与され、表彰式後には優秀選手選考委員長である、蒲郡市事業部 小田 由直 部長による乾杯の発声後、レセプションに移り、午後1時30分、盛況裡に閉会しました。
 
なお、各受賞選手のコメントは下記のとおり。
 
 
桐生 順平 選手
(昨年は)今までの選手生活の中で最高の1年でした。グランプリを獲ったことに満足せず、レーサーとしてファンの皆様に認められたいです。これからも見ていて面白い魅力あるレースをしますので、ボートレースと桐生順平をよろしくお願いします。
 
羽野 直也 選手
(昨年は)記念レースに出場できて凄く成長できたと思います。今年は昨年の自分を超え、素晴らしい先輩方に追いつきたいです。
 
峰 竜太 選手
(昨年は)初めてSGを獲れたので楽しい1年でした。今年は早く2つ目のSGタイトルを獲れるように頑張りますので応援よろしくお願いします。
 
吉川 昭男 選手
(昨年は)出来過ぎて今年が怖いです。今年からマスターズに参戦しますが、若手のような華麗なレースではなく味のあるレースをお見せできるように頑張ります。
 
遠藤 エミ 選手
(昨年は)迷ったり考えたりした1年でしたが、最後に最高の結果が出ました。今年はもっと上の舞台で活躍して皆様にボートレースの面白さを伝えていきたいです。
 
石野 貴之 選手
(昨年は)成績に波がありましたが、今年は1年を通してコンスタントに良い成績をとれるように頑張りますので、ご声援よろしくお願いします。
 
長嶋 万記 選手
(昨年は)ボートレースを心から楽しんでレースをしていたら、自分の想像を超えるような成績を残すことができました。水面では舟券に貢献し、陸ではファンの皆様も私たちと共に社会に貢献をしていきましょう。