唐津

全日本王者決定戦(開設67周年記念)

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 締切予定時刻/投票 出場レーサー レース別情報
1 2 3 4 5 6
1R 10:42 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 11:11 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 11:40 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 12:10 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 12:42 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 13:14 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 13:46 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 14:19 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 14:53 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 15:29 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 16:05 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 16:45 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

最終日 推奨レース展望

12R

丸野が唐津周年連覇とG1連勝に王手をかけた。出足は強烈で、荒れ水面をものともしない力感。仕上がりもハイレベルだが、自身の勢いが桁違いだ。準優の再現よろしく影をも踏ませぬ逃走劇を披露。地元の山田と古賀がこれに待ったをかける。ともに周年は譲れないタイトル。鋭発スタートで古賀がプレッシャーをかければ、山田は俊敏な差しハンドルで迫る。エース機を駆る安達も目が離せない存在。準優の激闘でパワーを再認識、1マークの捌きも達者だ。 

最終日 熱戦レース

12R

展示通りに安達と松井が進入で動き、1246/35の隊形に。コンマ10の好スタートを決めた古賀が思い切りよく絞っていきます。古賀の後を追う様に池田がさらに内をピンポイントにまくり差し。池田がバックで一気に先頭に立ちます。続く2マークも危なげなくクリアした池田は、スルスルと艇を伸ばし独走スタイルへ。ここ一番での勝負強さを見せた池田が1着でフィニッシュ。全日本王者決定戦を初制覇しています。