芦屋

読売新聞社杯 全日本王座決定戦 開設68周年記念

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 締切予定時刻/投票 出場レーサー レース別情報
1 2 3 4 5 6
1R 10:39 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 11:10 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 11:41 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 12:12 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 12:43 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 13:14 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 13:46 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 14:18 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 14:53 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 15:28 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 16:04 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 16:44 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

最終日 推奨レース展望

12R

5日目、12レースはセンター勢にスタートを踏み込まれた峰だったがインから力強く伸び返して逃げ切り勝ち。最後も逃げ速攻戦に持ち込んで当地周年記念V4を達成したい。次位争いは捲りに差しと持ち味を十分に発揮出来そうな3号艇の菊地の捌きを指名したい。エースモーター20号機の石橋も足負けはなく乗れているだけに侮れない存在。一番差しからバックは鋭く艇を伸ばす走りに徹する。展開の助けが必要となりそうな篠崎だがシャープに抜け出したい。 

最終日 熱戦レース

12R

トップスタートは譲ったものの、しっかり踏み込んだ峰が先マイ。まくり差した菊地は引き波を超え切れず、峰が一気に引き離していきます。早々に安全圏を手にした峰は、最後まで手綱を緩めることなく快勝。峰が全日本王座決定戦を制し、今年ふたつ目のG1タイトルを獲得しています。1周1マークを的確なさばきで抜け出した前田が準優勝。なお、2号艇の石橋はフライング返還欠場となっています。