芦屋

読売新聞社杯 全日本王座決定戦 開設67周年記念

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 電話投票 場外 出場レーサー レース別情報
締切予定時刻/投票 締切予定
時刻
1 2 3 4 5 6
1R 10:38 発売終了 10:38
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 11:09 発売終了 11:09
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 11:40 発売終了 11:40
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 12:11 発売終了 12:11
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 12:43 発売終了 12:43
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 13:15 発売終了 13:15
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 13:47 発売終了 13:47
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 14:20 発売終了 14:20
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 14:53 発売終了 14:53
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 15:27 発売終了 15:27
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 16:02 発売終了 16:02
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 16:39 発売終了 16:39
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

4日目 推奨レース展望

12R

石野が逃げて他艇を完封する。調整面に迷いなく、機力は高値で安定。スタートにも不安はない。狙うは準優の絶好枠。負けられない戦いとなる。次位争いが焦点。坪井は2日目から崩れているが、初日の気配が戻れば巻き返す。レース後にペラを大幅調整。「試運転では直線が上向き。ロスも解消」と自信を取り戻している。外枠両者も僅差。秦、永井ともにバランスよく仕上がっており、展開ひとつで食い込む。西山はここに組まれると明らかに劣勢。見送りが賢明だろう。 

4日目 熱戦レース

12R

秦がコンマ07のトップタイミングで踏み込みます。1マークは伸び返した石野が先制。秦がシャープにまくり差していきますが、石野までは届かず。バックストレッチで石野がリードを築きます。石野はあっという間に後続を退けて安全圏へ。そのまま手綱を緩めることなく快走した石野が、予選ラストを連勝で締めくくっています。もう一歩だった秦も2番手でフィニッシュして、得点率上位を堅守。