芦屋

G1第65回九州地区選手権競走

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 電話投票 場外 出場レーサー レース別情報
締切予定時刻/投票 締切予定
時刻
1 2 3 4 5 6
1R 10:47 発売終了 10:47
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 11:17 発売終了 11:17
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 11:47 発売終了 11:47
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 12:17 発売終了 12:17
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 12:48 発売終了 12:48
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 13:19 発売終了 13:19
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 13:50 発売終了 13:50
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 14:22 発売終了 14:22
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 14:54 発売終了 14:54
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 15:27 発売終了 15:27
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 16:02 発売終了 16:02
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 16:39 発売終了 16:39
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

初日 推奨レース展望

12R

峰が初日ドリームの1枠に陣取る。今年は1月当地66周年で優勝。今シリーズはその時以上の力感で前検から申し分のない動き。ここは早いスタートで外勢を蹴散らし逃走態勢に持ち込む。手順通りに差しを狙う原田が相手筆頭。「前検としてはまずまず」と手応えは悪くなく峰追走の一番手となるか。ダッシュを乗せて攻める三井所に一発の魅力があるが、ひとつ内から先攻めに動く岡崎も軽視はできない。 

初日 熱戦レース

12R

ほぼ横一線の綺麗なスタート隊形から、インコースの峰が先マイ。果敢に仕掛けた原田を受け止めて、グイッと一歩前に出ます。峰は、続くコーナーも落ち着きをもって旋回。ここで独走態勢に持ち込んだ峰がドリーム戦を快勝し、幸先のいい滑り出しとなっています。次位争いは原田と羽野が接戦となりますが、2周2マークで鮮やかに切り込んだ原田が羽野を突き放して2着を確保。羽野は3着となっています。