下関

開設64周年記念G1競帝王決定戦

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 電話投票 場外 出場レーサー レース別情報
締切予定時刻/投票 締切予定
時刻
1 2 3 4 5 6
1R 14:43 発売終了 14:43
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 15:15 発売終了 15:15
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 15:47 発売終了 15:47
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 16:19 発売終了 16:19
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 16:51 発売終了 16:51
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 17:22 発売終了 17:22
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 17:53 発売終了 17:53
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 18:24 発売終了 18:24
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 18:59 発売終了 18:59
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 19:35 発売終了 19:35
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 20:12 発売終了 20:12
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 20:44 発売終了 20:44
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

5日目 推奨レース展望

11R

連勝は『5』でストップした峰だが、得点率トップの座を守り1枠をゲットした。正味のパワーはエース機クラスに見劣るが、11レースの相手関係なら足負けはないはず。1マークを素早く先取りバック抜け出す算段。出足系統がいい谷村がシャープに差して猛追する。機力不足の池田はテク頼みになるが、底力はあり逆転を狙って虎視眈々。仕上がりに自信を持つ青木が仕掛けると柳生と岡に展開が向く。 

5日目 熱戦レース

11R

トップタイミングでスリット超えた峰が1マークを先取りします。池田がまくり、柳生がまくり差しで攻めるも、峰までは届かず。峰はバックストレッチで一歩前に出ると、2マークも先に旋回して首位の座を確保します。そのままきっちり走り切った峰が1番手でゴールラインを通過。2着に青木の猛追をしのいだ池田が入り、ファイナル最後の切符を手にしています。青木は惜しくも3着まで。