徳山

徳山クラウン争奪戦 開設66周年記念競走

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 電話投票 場外 出場レーサー レース別情報
締切予定時刻/投票 締切予定
時刻
1 2 3 4 5 6
1R 10:29 発売終了 10:29
A1
A1
A1
B1
A1
A1
2R 10:56 発売終了 10:56
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 11:24 発売終了 11:24
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 11:52 発売終了 11:52
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 12:24 発売終了 12:24
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 12:56 発売終了 12:56
A1
A1
A1
A1
A1
B1
7R 13:28 発売終了 13:28
A1
A1
B1
A1
A1
A1
8R 14:00 発売終了 14:00
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 14:32 発売終了 14:32
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 15:10 発売終了 15:10
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 15:52 発売終了 15:52
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 16:37 発売終了 16:37
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

5日目 推奨レース展望

12R

6戦4勝、3日目から3連勝ゴールを飾った原田が、得点率トップで予選を通過し準優勝戦の1号艇をゲットした。初日から手応えを得ていた伸びに加えて出足もアップし、機力は節イチ級の快速仕立て。4日目と同じ時間帯の12レースで調整は手の内、インから速攻を決めて押し切る。古賀が2コースからロスなく舟を回して差し、出足が軽快な中澤も角度をつけて1マークを切り込みバック迫る。勝負どころの6枠戦は、果敢な前づけ策もある湯川のコース取りにも注目を。 

5日目 熱戦レース

12R

最内からコンマ18のタイミングで踏み込んだ原田が、まくらせず差させずのターンで先マイ。ソトの攻めを寄せつけず、直線でグイっと艇を伸ばしていきます。原田は次の2マークも冷静にクリアすると、安全圏に突入。最後まで落ち着いて航走を続けた原田が準優を快勝し、優勝戦の白いカポックをゲットしています。1周1マークで果敢にまくりを仕掛けるも届かなかった杉山が2着で入線。