丸亀

京極賞 開設68周年記念競走

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 締切予定時刻/投票 出場レーサー レース別情報
1 2 3 4 5 6
1R 14:45 発売終了
A1
B1
A1
A1
A1
A1
2R 15:16 発売終了
A1
A1
B1
A1
A1
A1
3R 15:47 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 16:18 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 16:49 発売終了
A1
A1
A1
A1
B1
A1
6R 17:20 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
B1
7R 17:51 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 18:23 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 18:56 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 19:30 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 20:06 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 20:45 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

最終日 推奨レース展望

12R

波乱のトリガーを引いたのは井口だった。得点トップの原田をまくりで沈め、これに山崎が差し続いて3連単は2万円超えの高配当。これにより唯一、準優を逃げ切った峰が大一番の絶好枠に収まった。次節のボートレースダービーに弾みをつけるべく、王道のイン速攻で締めくくる。先述の井口は出足関係に自信。大目標のグランプリ出場へ少しでも賞金を加算しなければならない。逆転も十分。今垣は伸び仕様を選択か。F2の茅原を叩いてのまくり差しなら突破可能。 

最終日 熱戦レース

12R

ポールポジションに陣取った峰が、コンマ01と気迫のスリット。そのまま1マークを真っ先に回って、他艇をシャットアウトします。バックストレッチで早くも圧倒的なリードを手にした峰は、最後も独走状態のままフィニッシュ。峰が圧巻の逃げで京極賞を制覇して、今年3つ目のG1タイトル獲得となっています。次位をめぐっては残り5艇が激戦を展開。1周2マークで優位な隊形から握った茅原が抜け出し、準優勝となっています。