丸亀

京極賞開設67周年記念競走

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 電話投票 場外 出場レーサー レース別情報
締切予定時刻/投票 締切予定
時刻
1 2 3 4 5 6
1R 14:44 発売終了 14:44
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 15:15 発売終了 15:15
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 15:46 発売終了 15:46
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 16:17 発売終了 16:17
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 16:48 発売終了 16:48
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 17:19 発売終了 17:19
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 17:50 発売終了 17:50
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 18:22 発売終了 18:22
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 18:55 発売終了 18:55
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 19:29 発売終了 19:29
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 20:05 発売終了 20:05
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 20:44 発売終了 20:44
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

最終日 推奨レース展望

12R

地元勢から唯一の勝ち上がりを決めた森高が1号艇。節間を通して抜群の実戦足を誇っている。スリットの仕掛けで多少、後手を踏んでも十分に逃げが通用する動き。スタートに課題を残している峰だが、機力面に関しては特に不安のない仕上がり。渾身の差しを炸裂させて鋭く迫りたい。井口は捲り差しハンドルから内枠両者の間隙を突き抜くレース運びに徹していきたいが、捲り攻勢も警戒は必要。以下は混戦ムードも、5日目のモーター気配から坂口を推す。 

最終日 熱戦レース

12R

唯一、0台のスタートを決めた森高が1マークを先マイ。渾身の差しハンドルを繰り出した峰はあと一歩が届かず、森高がバックストレッチも首位をキープします。森高は1周2マークを真っ先に回ると、峰を突き放して一人旅に突入。その後も手綱を緩めず後続との差を広げていきます。地元ファンの声援に応えた森高が先頭でゴールラインを通過。2011年以来、8大会ぶりに京極賞を制しています。