丸亀

G1京極賞開設66周年記念競走

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 電話投票 場外 出場レーサー レース別情報
締切予定時刻/投票 締切予定
時刻
1 2 3 4 5 6
1R 14:41 発売終了 14:41
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 15:10 発売終了 15:10
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 15:39 発売終了 15:39
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 16:09 発売終了 16:09
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 16:40 発売終了 16:40
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 17:12 発売終了 17:12
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 17:44 発売終了 17:44
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 18:17 発売終了 18:17
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 18:51 発売終了 18:51
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 19:27 発売終了 19:27
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 20:04 発売終了 20:04
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 20:44 発売終了 20:44
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

最終日 推奨レース展望

12R

シリーズリーダーの白井、予選2位通過の菊地が準優のインで2着に敗れる波乱があったなか、唯一逃げを決めた濱野谷が優勝戦のポールポジションをゲットした。G1優出は2016年10月江戸川周年以来となるが、今シリーズのモチベーションは最高。鋭い踏み込みをみせて通算20回目のG1優勝を狙う。回り足強力な河村が一番差しからバック肉薄。白井、菊地の格上両者が逆転Vへ渾身の攻めをみせる。 

最終日 熱戦レース

12R

コンマ03と際どく仕掛けた菊地が一気に攻め立てていきますが、1マークを先マイしたのは互角の踏み込みを見せた濱野谷。差しを狙う河村と菊地を寄せ付けることなく、濱野谷が先頭をキープします。1周2マークを回ったところでリードを奪った濱野谷は、その後も落ち着いた航走で守り抜き、トップでゴールラインを通過。濱野谷が京極賞を優勝で飾り、およそ3年ぶりのG1タイトル制覇を果たしています。