鳴門

G1大渦大賞開設66周年記念競走

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 電話投票 場外 出場レーサー レース別情報
締切予定時刻/投票 締切予定
時刻
1 2 3 4 5 6
1R 10:29 発売終了 10:29
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 10:59 発売終了 10:59
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 11:30 発売終了 11:30
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 12:01 発売終了 12:01
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 12:32 発売終了 12:32
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 13:04 発売終了 13:04
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 13:36 発売終了 13:36
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 14:08 発売終了 14:08
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 14:40 発売終了 14:40
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 15:18 発売終了 15:18
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 15:56 発売終了 15:56
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 16:39 発売終了 16:39
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

初日 推奨レース展望

12R

地元の総大将・田村がドリーム戦の主役を張る。水面実績は言うまでもないが、意外にも大渦大賞のVはなし。今度こその思いを胸に、初戦からフルスロットルで突き進む。これに待ったをかけるのは今年のSG覇者たち。吉川は直近の戸田周年で優出3着と好調を維持している。オーシャンカップを制した瓜生も僅差。昨年の当地・ダイヤモンドカップで優出しており水面に不安はない。外枠になる池田や重成は展開次第でチャンス拡大。巧腕発揮なら上位に食い込んでくる。 

初日 熱戦レース

12R

コンマ05と気合いの踏み込みを見せた田村が先マイ。田村はまくらせず差させずの旋回を繰り出すと、後続を引き離しにかかります。1周1マークで最内をとらえた池田がスルスルと伸びていくも、あと一歩が届かず。こらえた田村が2マークを回ったところで首位の座を固めます。その後は安定した周回で田村が勝利。ファンの期待に応えています。見せ場を作った池田が2着。3着には重成が入っています。