三国

第6回ヤングダービー

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 電話投票 場外 出場レーサー レース別情報
締切予定時刻/投票 締切予定
時刻
1 2 3 4 5 6
1R 10:40 発売終了 10:40
A2
A1
A2
A1
A2
A2
2R 11:09 発売終了 11:09
A2
A1
A2
A1
A1
A2
3R 11:38 発売終了 11:38
A2
A2
A1
A1
A1
A1
4R 12:08 発売終了 12:08
A1
A2
A1
A2
A1
A2
5R 12:39 発売終了 12:39
A1
A2
A2
A2
A1
A2
6R 13:10 発売終了 13:10
A1
B1
A1
A2
A1
A2
7R 13:41 発売終了 13:41
A1
A2
A1
A2
A1
A2
8R 14:13 発売終了 14:13
A2
A1
A1
A1
A1
A2
9R 14:45 発売終了 14:45
A1
A2
A1
A1
A2
A2
10R 15:22 発売終了 15:22
A1
A2
A2
A2
A1
A2
11R 15:59 発売終了 15:59
A1
A1
A1
A1
A1
A2
12R 16:40 発売終了 16:40
A1
A2
A1
A1
A2
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

最終日 推奨レース展望

12R

全員がG1初Vのかかる優勝戦。永井が主役をつとめる。「三国はめちゃくちゃ苦手」にしていたが、今節に限ってはスタート、レース足ともに完調。師匠の中野次郎は新鋭王座決定戦を制しており、師弟揃ってのタイトル奪取を目論む。機力で言えば福田が上位。こちらは逆に三国の相性は抜群といえる。「ラストチャンス。悔いの残らないようにしたい」と気合満点。大仕事をやってのけるか。キャリア十分の村岡に一発力。3カドも視野に入れつつ、ピンロク勝負に出る。 

最終日 熱戦レース

12R

村岡が3カドに引っ張る奇襲を仕掛けますが、スリットはほとんど同体となり攻められず。絶好枠の永井が1マークを先取りします。永井はまくりにきた福田を受け止めると、早々と抜け出しに成功。その後も周回を重ねるごとに後続とのリードを広げていきます。しっかりと3周走り切った永井が、栄光のゴールラインを通過。永井がヤングダービーを制しています。1周1マークで最内を突いた豊田が準優勝。