三国

第6回ヤングダービー

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 電話投票 場外 出場レーサー レース別情報
締切予定時刻/投票 締切予定
時刻
1 2 3 4 5 6
1R 10:40 発売終了 10:40
A2
A1
A1
A2
A2
A2
2R 11:09 発売終了 11:09
A2
A1
A1
A2
A2
A1
3R 11:38 発売終了 11:38
A2
A1
A2
A1
A1
A2
4R 12:08 発売終了 12:08
A2
A2
A1
A1
A2
A1
5R 12:39 発売終了 12:39
A2
A2
A1
A2
A1
A2
6R 13:10 発売終了 13:10
B1
A1
A1
A2
A2
A1
7R 13:41 発売終了 13:41
A2
A1
A2
A2
A1
A1
8R 14:13 発売終了 14:13
A2
A1
A2
A1
A2
A1
9R 14:45 発売終了 14:45
A2
A1
A1
A2
A2
A1
10R 15:22 発売終了 15:22
A2
A1
A1
A2
A2
A1
11R 15:59 発売終了 15:59
A1
A1
A2
A2
A1
A2
12R 16:40 発売終了 16:40
A1
A1
A2
A2
A1
A2
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

2日目 推奨レース展望

12R

2連率なりのパワーは引き出している木下。全速スタートから他艇につけいるスキを与えず、速攻逃げを決める。一番差しに構える渡邉を相手筆頭に指名。スムーズにコーナーを立ち上がってバックへ持ち出したい。中村はセンターからスタートで果敢に攻めて行く。その内を差してくるのは関。2マーク勝負で上位をうかがう。安河内は初日の前半で接戦を制し、逆転で3着。行き足から伸びがよく、シャープに捲り差しを入れることが出来れば、一発があっても驚けない。 

2日目 熱戦レース

12R

安定板を使用して行われた2日目メインレース。コンマ12のタイミングから木下が1マークを先マイします。木下はまくらせず差させず旋回すると、バックストレッチで頭ひとつ抜け出す体勢に。手綱を緩めぬ走りで周回を重ねた木下が、シリーズ初勝利を手にしています。1周2マークを冷静に回った中村が次位入着。先行する安河内を猛追した渡邉が、最終コーナーで安河内を下して3着に入っています。