三国

開設65周年記念 G1北陸艇王決戦

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 電話投票 場外 出場レーサー レース別情報
締切予定時刻/投票 締切予定
時刻
1 2 3 4 5 6
1R 10:24 発売終了 10:24
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 10:51 発売終了 10:51
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 11:18 発売終了 11:18
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 11:45 発売終了 11:45
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 12:13 発売終了 12:13
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 12:41 発売終了 12:41
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 13:10 発売終了 13:10
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 13:40 発売終了 13:40
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 14:11 発売終了 14:11
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 14:45 発売終了 14:45
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 15:21 発売終了 15:21
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 15:59 発売終了 15:59
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

4日目 推奨レース展望

12R

池田が予選ラストカードの絶好枠を占める。舟足は「悪いところがない」と納得の表情。スタートに集中して先マイは譲らない。地元の武田が追走の形を作る。モーターの仕上がりはいい状態。オール3連対を維持し準優の好枠を睨む。市橋の仕上がりも負けていない。3日目まで全ての舟券に貢献し存在感をアピール。内枠3者の舟足がしっかりとしているが、ダッシュに構える吉田もスタートは決まっており、軽視はできない。 

4日目 熱戦レース

12R

いの一番にスリット超えた池田が他艇を完全にシャットアウト! 付け入る隙を与えぬターンで1マークをクリアすると、バックストレッチでも先頭をキープします。池田は続く2マークを先制すると、悠々の一人旅へ突入。手綱を緩めず走り切った池田が1着でフィニッシュし、勝負駆けに成功しています。1周2マークを的確に回った片岡が次位に入着。3着は市橋の猛追をしのいだ武田が取り切っています。