常滑

G1第63回東海地区選手権競走

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 電話投票 場外 出場レーサー レース別情報
締切予定時刻/投票 締切予定
時刻
1 2 3 4 5 6
1R 11:03 発売終了 11:03
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 11:30 発売終了 11:30
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 11:57 発売終了 11:57
A1
A1
A1
A1
A1
A2
4R 12:25 発売終了 12:25
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 12:54 発売終了 12:54
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 13:24 発売終了 13:24
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 13:54 発売終了 13:54
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 14:24 発売終了 14:24
A1
A1
A1
A2
A1
A1
9R 14:55 発売終了 14:55
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 15:30 発売終了 15:30
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 16:05 発売終了 16:05
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 16:44 発売終了 16:44
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

最終日 推奨レース展望

12R

優勝戦は愛知5人に静岡支部の徳増が挑む構図となった。中心を形成するのは常滑の二枚看板。平本は準優で唯一、逃げを決めて白いカポックをまとう。正直、機力十分とは言えないが、地元ファンの声援を味方に押し切る算段。河村のまくり差しを許した池田だったが、カド想定なら伸び仕様もあり得る。逆転も十分。孤軍奮闘となる徳増が割って入るか。準優で見せたスリット攻勢に再度、期待をかけてみたいところ。節間通じて巧腕を発揮した柳沢に、穴の気配が漂う。 

最終日 熱戦レース

12R

スタート展示では北川に譲った平本が本番は枠を死守。河村がカドを選択して163/245の並びになります。際どく踏み込んだ平本が、まくらせず差させずに1マークを先マイ。しかし、わずかに勇み足の判定となり、1周2マークを回ったところで平本が戦線離脱となります。これで1周2マークの全速戦で2番手争いを制した徳増が浮上。徳増が東海地区選手権を初優勝で締めくくり、地元浜名湖で開催されるボートレースクラシックの出場権を手にしています。