多摩川

ウェイキーカップ開設67周年記念

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 締切予定時刻/投票 出場レーサー レース別情報
1 2 3 4 5 6
1R 10:44 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 11:11 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 11:38 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 12:06 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 12:35 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 13:05 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 13:36 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 14:10 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 14:45 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 15:22 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 16:00 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 16:45 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

初日 推奨レース展望

12R

12レースのドリーム戦は東都のエース濱野谷が1号艇で登場する。引いた13号機はその節によって乗り心地面が変わるモーターだが、2連対率40パーセント越えなりに直線系統は合格点がつく。近況の好調さをそのままに、きっちり仕上げてイン一気に押し切る。前節の優勝機と組む池田が相手筆頭。当地はSG戦V歴のある好相性プール。2コースからすかさず差して濱野谷に迫る。センターから果敢にスリットを攻める菊地も当地は得意。今垣、原田、中野の3者は低調モーターで整備状況や気配は要チェック。 

初日 熱戦レース

12R

中野以外がほぼ横一線のスリットとなり、1マークは濱野谷が先制。池田がシャープな差しハンドルで応戦します。池田の舳先がかかったかと思われましたが、かろうじてこらえた濱野谷が2マークも先取り。濱野谷はここで池田との差を開きます。なおも食い下がる池田から先頭を堅守した濱野谷が1着をゲット。地元ファンの期待に応える逃げ切り勝ちを収めています。2着に池田、3着には今垣が入線。