多摩川

第66回関東地区選手権

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 締切予定時刻/投票 出場レーサー レース別情報
1 2 3 4 5 6
1R 10:29 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 10:55 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 11:22 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 11:51 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 12:21 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 12:52 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 13:26 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 14:00 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 14:35 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 15:12 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 15:52 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 16:35 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

初日 推奨レース展望

12R

ファン投票で選ばれたドリーム第一弾。『ウェイキードリーム』は、東都のエース・濱野谷が絶好枠で主役を務める。前検の機力評価は「大丈夫じゃない。違和感はなかった」なら、イン速攻で他艇の攻めをシャットアウト。高勝率機と組む長田が逆転の一番手。調整は手の内にしている得意水面、モーターの良さを引き出し自在にさばく。前検好気配の村田が多彩な攻め技で一角崩し。小さく差しを狙う山崎がバック好位置につけて食い下がる。 

初日 熱戦レース

12R

長田が僅かにノゾくも、伸び返した濱野谷がまくらせず差させずの好旋回を繰り出します。濱野谷は直線でグイッと艇間を広げ、次のターンマークも危なげなくクリア。冷静に周回を重ね、リードを築いていきます。文句なしの逃走劇を披露した濱野谷がトップで完走。幸先のいい滑り出しとなっています。1周2マークを思い切りよく握って回った佐藤が2番手に入着。松本が3番手に入っています。