多摩川

ウェイキーカップ開設66周年記念

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 締切予定時刻/投票 出場レーサー レース別情報
1 2 3 4 5 6
1R 10:44 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 11:11 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 11:38 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 12:06 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 12:35 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 13:05 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 13:36 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 14:10 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 14:45 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 15:25 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 16:03 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 16:43 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

初日 推奨レース展望

12R

ドリーム戦第一弾の12レースは1号艇に組まれた毒島が中心。今節の相棒57号機は伸びが水準以上に仕上がる良機で、前検日のスタート練習は6名での比較でもひけを取らない行き足をみせていた。進入は枠なりの3対3のスタイルが有力。まくらせず、差させずの的確なインさばきで1マークを先取り主導権を握る。上昇機と組む井口が素早く差してバック追撃。機歴以上に気配が良かった永井がブイ際を突き、松井はセンター3コースからブン回って連争いに加わる。 

初日 熱戦レース

12R

ほぼ横一線のスタートから毒島が1マークを先マイ。付け入る隙を与えない旋回を繰り出すと、一気に後続との差を広げていきます。早々に一人旅となった毒島は、その後も堅実な航走でゴールイン。毒島がウェイキードリーム戦を制して、幸先よく滑り出しています。1周1マークでまくった松井が2番手争いで一歩優勢。続く2マークで井口と篠崎を引き離し、松井が2着に入っています。3着には井口が入線。