多摩川

ウェイキーカップ開設65周年記念

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 締切予定時刻/投票 出場レーサー レース別情報
1 2 3 4 5 6
1R 10:43 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 11:10 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 11:37 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 12:05 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 12:34 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 13:04 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 13:35 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 14:08 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 14:42 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 15:22 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 16:03 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 16:45 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

5日目 推奨レース展望

12R

し烈な得点率争いを首位で通過した瓜生が、12レースの1号艇で登場する。「伸びを求めてペラの調整をしたけどつかなかった。試運転はいい人に分が悪いし、舟足が良くない人には勝つ感じ」で、機の素性を考えれば力は引き出せている。強力に伸びる艇は不在、イン堅守から速攻を決めて優勝にもっとも近いファイナルの1枠をゲットする。勝負強い石野が2コースから機敏に差してバック猛追。SG戦優勝歴もある得意の多摩川で笠原もスピード全開の走りで魅了する。 

5日目 熱戦レース

12R

トップタイミングでスリット駆け抜けた瓜生が、まくらせず差させずのターンを繰り出します。瓜生は直線でグイッと艇間を広げると、次のブイも難なく旋回。ここで独走体勢に入った瓜生は、そのまま単独首位をキープします。きっちり守り切った瓜生が1着でゴールラインを通過。優勝戦の絶好枠を手にしています。田村と笠原による2番手争いは2周1マークで抜け出した笠原に軍配。