平和島

第55回ボートレースクラシック

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 締切予定時刻/投票 出場レーサー レース別情報
1 2 3 4 5 6
1R 10:33 発売終了
A1
A2
A1
A1
A1
A1
2R 10:59 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 11:27 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 11:57 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 12:27 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 12:58 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 13:30 発売終了
A1
A1
A2
A1
A1
A1
8R 14:03 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 14:37 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 15:12 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 15:49 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 16:29 発売終了
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

最終日 推奨レース展望

12R

波乱の準優勝戦で1号艇となった吉川元浩。「モーターで負ける人はいない」とエース機の底力を遺憾なく発揮している。強烈パワーで後続を一気に突き放し、連覇に王手をかける。坂口の伸びもトップクラス。スタートからプレッシャーをかけて、鋭角差しを狙う。吉川昭男は持ち味の行き足のよさを活かしたい。まくり、差しと多彩な技で立ち回りたい。大外の柳沢も調整に正解が出た。得意のぶち込みから、華麗なターンで展開を突く。地元の福来も波に乗っかりたい。 

最終日 熱戦レース

12R

守田がトップスタートを決めるも攻められず、インから伸び返した吉川元浩が1マークを先マイ。2番手以降が混戦模様となる中、いち早く抜け出して差を広げていきます。安全圏を築いた吉川元浩は、その後も手綱を緩めることなく航走。吉川元浩が昨年度に続いてボートレースクラシック連続優勝を成し遂げています。2周1マークで一歩前に出た吉川昭男が、坂口の猛追をしのいで次位入線。