平和島

G1開設65周年記念トーキョー・ベイ・カップ

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 電話投票 場外 出場レーサー レース別情報
締切予定時刻/投票 締切予定
時刻
1 2 3 4 5 6
1R 10:43 発売終了 10:43
A1
A1
A1
A1
A1
A1
2R 11:09 発売終了 11:09
A1
A1
A1
A1
A1
A1
3R 11:36 発売終了 11:36
A1
A1
A1
A1
A1
A1
4R 12:05 発売終了 12:05
A1
A1
A1
A1
A1
A1
5R 12:35 発売終了 12:35
A1
A1
A1
A1
A1
A1
6R 13:06 発売終了 13:06
A1
A1
A1
A1
A1
A1
7R 13:38 発売終了 13:38
A1
A1
A1
A1
A1
A1
8R 14:11 発売終了 14:11
A1
A1
A1
A1
A1
A1
9R 14:45 発売終了 14:45
A1
A1
A1
A1
A1
A1
10R 15:20 発売終了 15:20
A1
A1
A1
A1
A1
A1
11R 15:58 発売終了 15:58
A1
A1
A1
A1
A1
A1
12R 16:39 発売終了 16:39
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

初日 推奨レース展望

12R

初日ドリーム1号艇は地元の濱野谷が絶好枠で期待に応える。「出口の押しが良かった」と舟足にまずまずの手応え。走り慣れた水面でスタートも正確なら、しっかりと勝ち切ってシリーズに弾みをつける。ドリーム組の中で良いと評判の松井が相手。スリット付近が力強くスムーズに差してバックで捕らえにかかる。原田のモーターも近2節は軽快な動きを見せており、一発の可能性を秘めるが、センター好位置に構える今垣も決め手はあり、侮れない。 

初日 熱戦レース

12R

激しいスリット合戦の中、1マークを先取りしたのは濱野谷。差した松井が振り込んで後退すると、濱野谷が大きく抜け出していきます。十分にリードを広げた濱野谷は、その後も慎重に周回を重ねて1着でゴールイン。濱野谷がドリーム戦を制し、幸先よく白星を手にしています。2着に今垣、3着には原田が入線。なお、2号艇の松井は沈没失格、4号艇の井口はエンスト失格となっています。