江戸川

G2江戸川634杯 モーターボート大賞

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 電話投票 場外 出場レーサー レース別情報
締切予定時刻/投票 締切予定
時刻
1 2 3 4 5 6
1R 10:55 発売終了 10:55
A2
A1
A2
A1
A2
A1
2R 11:20 発売終了 11:20
A2
A1
A1
A1
A2
A2
3R 11:54 発売終了 11:54
A2
A1
A1
A2
A2
A1
4R 12:21 発売終了 12:21
A2
A2
A1
A2
A1
A1
5R 12:52 発売終了 12:52
A2
A1
A1
A2
A1
A2
6R 13:21 発売終了 13:21
A1
A1
A2
A1
A2
A2
7R 13:56 発売終了 13:56
A1
A2
A2
A1
A2
A1
8R 14:28 発売終了 14:28
A1
A2
A1
A2
A1
A2
9R 14:58 発売終了 14:58
A1
A2
A2
A2
A1
A1
10R 15:30 発売終了 15:30
A1
A2
A1
A1
A2
A2
11R 16:04 発売終了 16:04
A1
A2
A1
A2
A2
A1
12R 16:44 発売終了 16:44
A2
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

2日目 推奨レース展望

12R

「ゴールデンレーサー賞」の絶好枠は石渡が占める。1走目は見せ場を作れなかったが、2走目は波水面のなか、技ありの差しハンドルで勝ち星をゲット。逃げ切り可能な舟足は備えており、勝ってポイントを加算する。焦点は次位争い。一番差しから粘る笠原が有利とみたが、鶴本もモーターの手応えは十分。先制のまくりを放ちバック好位置へ。片岡の舟足も悪くなく、展開を読んだハンドルさばきで食い下がる。 

2日目 熱戦レース

12R

インから石渡が1マークを先マイするも、ターンマークを外し懐が大きく空きます。その隙間に飛び込んだ鶴本が直線で先頭に浮上。鶴本が1周2マークを先行し首位に立ちます。しかし、2周1マークで好旋回した石渡が鶴本を捕えて並走状態に。迎えた2周2マーク、石渡が無駄なくクリアし逆転に成功します。そのまま守り切った石渡が1着でゴールイン。初日後半から2連勝としています。鶴本は惜しくも2着まで。