江戸川

G2江戸川634杯 モーターボート大賞

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 電話投票 場外 出場レーサー レース別情報
締切予定時刻/投票 締切予定
時刻
1 2 3 4 5 6
1R 10:52 発売終了 10:52
A2
A1
A1
A2
A1
A2
2R 11:23 発売終了 11:23
A2
A1
A1
A1
A2
A2
3R 11:49 発売終了 11:49
A2
A1
A1
A2
A2
A1
4R 12:16 発売終了 12:16
A2
A1
A2
A1
A1
A2
5R 12:49 発売終了 12:49
A2
A2
A1
A1
A1
A2
6R 13:18 発売終了 13:18
A2
A2
A1
A2
A1
A2
7R 13:48 発売終了 13:48
A1
A2
A1
A2
A1
A2
8R 14:19 発売終了 14:19
A1
A1
A2
A2
A2
A1
9R 14:51 発売終了 14:51
A1
A2
A1
A2
A1
A2
10R 15:25 発売終了 15:25
A1
A1
A2
A2
A2
A1
11R 16:01 発売終了 16:01
A1
A2
A2
A2
A1
A2
12R 16:41 発売終了 16:41
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

初日 推奨レース展望

12R

須藤が「ドリームレーサー賞」の絶好枠をがっちりとキープする。フライング1本持ちでスタートに課題を残すが、出足型で評判の良い43号機が相棒、しっかりと逃走態勢を築く。江戸川水面の走り方は熟知している齊藤が逆転の一番手。スムーズな差しハンドルでバック伸び比べに持ち込みたい。レース巧者の坪井が自在に立ち回り一角崩し。ダッシュを利かせて攻める岡村と若林に一発の魅力がある。 

初日 熱戦レース

12R

安定板使用・2周で行われた12レース。全艇が0台に踏み込む激しいスリット合戦から、須藤が位置優位に先マイします。合わせて回った齊藤、角度よく旋回した岡村が須藤に肉薄。バックストレッチは三者が接戦状態となります。しかし岡村は艇が暴れて戦線離脱。2マークは須藤が勢いよく先取りしてトップを確保します。そのまま須藤が1番手をキープし、シリーズ1勝目を獲得。なお、4号艇の岡村は落水失格となっています。