江戸川

G2江戸川634杯 モーターボート大賞

ライブ&
リプレイ
レース場
データ
レース 電話投票 場外 出場レーサー レース別情報
締切予定時刻/投票 締切予定
時刻
1 2 3 4 5 6
1R 10:52 発売終了 10:52
A1
A2
A2
A2
A2
A1
2R 11:21 発売終了 11:21
A2
A2
A2
A1
A1
A2
3R 11:47 発売終了 11:47
A2
A1
A2
A1
A2
A1
4R 12:14 発売終了 12:14
A2
A1
A1
A2
A1
A2
5R 12:42 発売終了 12:42
A2
A1
A1
A2
A2
A1
6R 13:13 発売終了 13:13
A2
A2
A1
A2
A1
A1
7R 13:43 発売終了 13:43
A2
A2
A1
A1
A1
A2
8R 14:15 発売終了 14:15
A1
A1
A2
A2
A1
A2
9R 14:48 発売終了 14:48
A2
A2
A1
A1
A1
A2
10R 15:23 発売終了 15:23
A1
A1
A2
A1
A2
A2
11R 15:59 発売終了 15:59
A1
A1
A1
A2
A2
A2
12R 16:41 発売終了 16:41
A1
A1
A1
A1
A1
A1
  • お好みレーサーはで表示されます。(ログイン後に表示されます)
  • 女子レーサーにはが表示されます。

初日 推奨レース展望

12R

初日「ドリームレーサー賞」の絶好枠に齊藤が乗り込む。モーターの2連対率は30パーセントに満たないが、前検から「伸びられたりはしなかった」と手応えはまずまず。ここは枠の利を最大限に活かしてイン逃げ決着を狙う。「スリット近辺がよさそう」と話す守田が相手筆頭か。思い切った握りマイでレースを作りそう。横澤が一番差しから食い下がるが、当地巧者の村越もモーターの素性はよく展開を割って入り連下争いに加わる。 

初日 熱戦レース

12R

トップスタートを放った守田が内に絞って行きますが、齊藤が抵抗して2艇がターンマークを大きく外します。その隙に西村が1マークをまくり差し。グイッと伸ばした西村が直線一歩前に出ます。続く2マークを先にクリアした西村は、後続との差を大きく広げて1着でフィニッシュ。初日メインカードを制しています。3周1マークで村越をさばいて抜け出した守田が2着に入線し、村越は惜しくも3着まで。