ボートレーサーという、生き方。

ボートレーサーを目指す

ボートレーサーになるには

Step1:ボートレーサー養成所の入所試験に応募する

ボートレーサーになるためには、日本唯一のボートレーサー養成機関である「ボートレーサー養成所」に入所し、訓練を受けることが必要となります。ボートレーサー養成所への入所倍率は40倍と決して楽な道ではありませんが、応募資格に合致したすべての皆さんにチャンスが開かれており、未経験から1年で、プロアスリートとしてデビューすることができるのです。

【一般試験】
募集期間/124期 平成29年7月1日(土)~9月8日(金)必着締切

募集期間/125期 平成30年1月4日(木)~3月9日(金)必着締切
・応募資格

  • (1)年齢:15歳以上30歳未満
    • (124期 昭和63年4月2日~平成15年4月1日生まれ)
    • (125期 昭和63年10月2日~平成15年4月1日生まれ)
  • (2)学歴:入所日において中学校を卒業していること
  • (3)身長:175cm以下
  • (4)体重:男子47~57kg以下、女子42~50kg以下
  • (5)視力:両眼とも裸眼で0.8以上(コンタクト、フェイキックIOL「有水晶体眼内レンズ」手術は
    不可)
  • (6)弁色力:強度の色弱でないこと
  • (7)聴力その他健康状態:レーサー養成訓練を行うのに支障のない者
  • (8)その他:禁錮以上の刑に処せられた者及びモーターボート競走法に違反して罰金以上の刑に処せられた者、成年被後見人または被保佐人、レーサー養成訓練中に成績不良又は素行不良により養成を取りやめられた者、反社会勢力との関係が疑われる等モーターボード競走の公正を害する恐れがあると認められるに足りる相当の理由のある者のいずれにも該当しない者

※その他、スポーツ活動において実績を残した者に対し、特別枠や推薦制度あり。


●詳しくはこちらへ

Step2:ボートレーサー養成所でボートレースに必要な技術や知識を学ぶ

ボートレーサー養成所に入所することは、スタートに過ぎません。1年間という、長いようで短い期間で、在所生はボートレーサー、そして立派な社会人として必要なあらゆることを学んでいきます。ボートの操縦やエンジン・プロペラ整備の技術、モーターボート競走法をはじめとする様々な知識、そして礼儀や節度などを、全寮制の集中できる環境で徹底的に身につけていきます。

Step3:国家試験(資格検定試験)を受験して合格する

ボートレーサーは国家資格であり、資格を取るには、試験に合格する必要があります。ボートレーサー養成所の生徒の合格率はほぼ100%。ボートレーサー養成所のカリキュラムが、確実にキミをレーサーへと近づけてくれるのです。

Step4:ボートレーサー養成所修了、晴れてプロデビュー

ボートレーサー養成所を修了すると、晴れてプロとしてデビューします。
デビュー時は一番下のクラス(B2)からスタートし、そこからトップレーサーへの階段を上り始めます。